僕らは言葉でできている

僕らは言葉でできている | 心に残る、珠玉のコピー・名言を紹介します。

僕らは言葉でできている

僕らは毎日、 笑う。 泣く。 考える。 喧嘩する。 謝る。 愛を囁く。 僕らは言葉でできている。

僕らは毎日、 笑う。泣く。考える。喧嘩する。謝る。愛を囁く。 僕らは言葉でできている。

恋に終わりがあるように、失恋にも終わりがあるだろうか。 — JRA『フェブラリーステークス』

恋に終わりがあるように、
失恋にも終わりがあるだろうか。

ためらうことなく

ひとりで旅立ちを決めた彼女が、僕は憎かった。

ふたりの未来より、じぶんの夢を選んだ彼女。

僕らが恋人同士になってから二回目の冬だった。

幸せな恋愛をさまだげるのは、いつだって別のかたちの幸せなのだ。

 

空港で彼女を見送った翌日、東京競馬場へ行った。

九十六年のフェブラリーステークス。

僕の好きな「砂の女王」ホクトベガは、

そういえば彼女に似ていた。

黒目の、大きくて、澄んでいるところが。

 

朝から舞っていた粉雪が、僕の視界を覆う。

白濁の幕の向こう側で、十五頭の馬たちが駆け出した。

大歓声に包まれながらも僕が静けさを感じていたのは、

粉雪が世界の音を吸収していたせいだろうか。

第3コーナーで先頭におどり出たホクトベガは

迷いのない走りで、ほかの馬をぐんぐん突き放し、

あっという間にゴールした。

雪に気持ちを漂白されながら、

僕は思い出していた。

彼女の迷いのないところが、

僕は好きだったのだ。

好きなあいだは、好きでいつづければいい。

いつかその気持ちを忘れてしまったとしても、

そしてそのことを悲しめなかったとしても、

ひとつ残らず間違っていないのだ。

それは恋の終わりなのか、それとも失恋の終わりなのか。

どちらでもかまわない。そう思った。

 

いまでも東京には、本当にたまにしか粉雪が降らない。

だけどそれで充分だ。あの白いスクリーンに、

ホクトベガや彼女がプレイバックされるのは、

ごくたまに、で充分なのだ。

あなたの言葉、
教えてください

あなたにも忘れられない言葉、ありませんか?
教えていただいた言葉は、当サイトで紹介させていただきます。
あなたの言葉が、何処かの、誰かの、言葉になる。

このフィールドは空のままにしてください。

ご訪問ありがとうございます。『僕らは言葉でできている』は、広告キャッチコピー・映画や漫画の台詞・小説の言葉・偉人の名言・音楽の歌詞などなど、世に散らばる珠玉のコピー・名言たちを集め、その言葉に連なる思索を書き留めていくWebサイトです。広告であったり物語であったり、ある文脈の中で語られるために生まれた言葉が、普遍的なミームへと姿を変えていく不思議。僕らを形づくる無数の言葉たち、心の触覚を撫でてゆく言葉たち、是非ご堪能ください。サイトの詳しい説明はこちらから。閲覧数の多い、人気の言葉はこちらから。TwitterFacebookInstagramPinterestでも、更新情報をお届けしていますので、是非フォローしてみてください。
このページでは、「恋に終わりがあるように、失恋にも終わりがあるだろうか。 - JRA『フェブラリーステークス』」という言葉をご紹介しています。似た言葉をさがすにはこちらから ⇒ 2010~ / 2011 / 交通・レジャー / 魚返洋平 /  /  / 
なお、当サイトにてご紹介している全ての言葉の著作権は、原作者及び権利保有者に属します。また、それ以外の全ての掲載内容(文章・デザイン等)については、当サイトが全ての権利を有します。無断転載・無断引用はご遠慮ください。